webnote.info

Home › 情報設計 › ユーザビリティ

§  Information Design

03.

ユーザビリティ(ISO 9241-11 /JIS Z 8521)とは

ユーザビリティとは「特定の利用状況において、特定のユーザによって、ある製品が指定された目標を達成するために用いられる際の有効さ(effectiveness)、効率(efficiency)、利用者の満足度(satisfaction)の度合い」のことを言います。1998年のISO 9241-11でのユーザビリティでは以下のとおり定義されています。1999年にJIS Z 8521としてJIS化もされています。

この定義の中の“利用者の満足度”を評価するときに用いられる方法は、質問-回答という形式で情報を収集するインタビュー法を用います。ISO 9241-11ISO 13407(人間中心設計 [1] )におけるユーザビリティーの定義は、ヤコブ・ニールセンのユーザビリティーの定義と比較して幅広いものを含んでおり、ビッグユーザビリティと呼ばれることがある。

【ゴロ暗記法】
  ユーザビリティで使い勝手が「急によい」(9241:キュウニヨイ)


「インタラクティブシステムのための人間中心設計プロセス」
(ISO 13407)とは

インタラクティブシステムのための人間中心設計プロセスとは、コンピュータ機器(インタラクティブシステム)を対象に、その製品・システムのユーザビリティの向上を目的としたデザインプロセスのことをいいます。人間工学系の研究を基本として1995年にISOに提案、1999年に国際規格化されました。5つのプロセスに従った設計作業により、利用状況のなかに隠れたニーズを発見し、利用者の立場・視点にたったデザインができるされています。


人間工学とは

人間工学とは、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問のことです。システムを設計する際は、使用者の効率性や安全性など人間の要求事項を考慮して設計する方法について、物理的要素や心理物理学要素などの観点から研究されます。また、人々が正しく効率的に動けるように周囲の人的・物的環境を整えて、事故やミスを可能な限り減らすための研究も含まれます。


ユーザ工学(ユーザビリティエンジニアリング)とは

ユーザ工学とは、製品の魅力を高めるための使い勝手を考えた開発方法の一種です。


ヒューリスティック評価とは

ヒューリスティック評価とは、ユーザインターフェースのユーザビリティ上の問題点を発見する手法です。一般的に、数人のスペシャリストがガイドラインに基づき、それぞれ個別に評価作業を進めていき、その評価結果に基づいてユーザビリティの問題修正の優先度が決定されます。


インタラクションとは

インタラクションとは、システムと人間との対話的操作のことです。何らかの働きかけに対する反応のことで、相互作用などと訳されます。インタラクションを考慮した設計をするにあたり、ISO9241-210では、利用者である人間の視点に立つことを求めています。また、ISO9241-110では、インタラクションを設計するための指針を対話の原則として示しています。アクションとリアクションの対、それが場合によっては反復されるということがインタラクションの概念の基本的要件です。


対話の原則とは

対話の原則とは、ISO9241-110(人間工学 人間とシステムのインタラクション)で示している 仕事への適合性、自己記述性、可制御性、利用者の期待への一致、誤りに対しての許容度、個人化への適合性、学習への適合性の7つの原則のことです。


ISO 9126 とは

ISO 9126 とは、ソフトウェア品質の評価に関する国際規格です。ソフトウェア品質とは、プログラマの観点からはソースコードの品質、エンドユーザーの観点からはアプリケーションソフトウェアの品質を意味します。

footnotes

  1. 1.人間中心設計human-centered design
    機能中心の設計プロセスに対し、人間とインタラクション(対話型操作)を行う機械やシステムの開発にあたり、ユーザである人間を中心に位置づけ、ユーザの立場や視点でシステムを設計する考え方のこと。「ユーザ中心設計(UCD)」ともいう。

    page top

  2. 2.ペルソナpersona
    製品やシステムを開発する際に、ターゲットとなる象徴的な「ユーザモデル」のこと。徹底したユーザ視点からニーズをつかみ、ユーザモデルを開発(発見)することをペルソナデザインという。

    page top

  3. 3.ユーザテストuser test
    「使いやすさ」を主眼にターゲットユーザがどのようにウェブサイトやシステムを使うかを測定し、頻繁に起こるミスや、迷いやすい箇所などを明確に把握することを行うテスト。ユーザビリティテストともいう。一般的に、ユーザがタスクを行っている様子を、観察し、詳細に記録して進めていく。

    page top