serect要素、option要素、optgroup要素 (セレクトメニュー)

serect要素はセレクトメニュー全体と定義し、プルダウンのセレクトメニューを設ける際に使用する。属性は以下のとおり。

1.name="セレクトメニューの名前"
2.size="セレクトメニューの行数"
3.multiple="multiple" ... 複数選択可能にする。

option要素はserect要素の子要素として各項目を定義する。属性は以下のとおり。optgroup要素はoption要素をグループ化する要素。label属性がある。

1.value="値"
2.label="ラベル"
3.selected="selected"


例:居住地のプルダウンを作成し、カテゴリーを関東、近畿に分けて、東京、神奈川、大阪、京都の選択肢を設ける。


◆ html

	<p>
	居住地:
	 <select name="place" id="place">
	   <optgroup label="関東">
	     <option value="tokyo">東京</option>
	     <option value="kanagawa">神奈川</option>
	   </optgroup>
	   <optgroup label="近畿">
	     <option value="osaka">大阪</option>
	     <option value="kyoto">京都</option>
	   </optgroup>	
	 </select>
	</p>

◆実際の表示例

go to top