font-familyプロパティ(フォントの種類)

font-familyプロパティを利用して、フォントの種類を指定できる。
フォントファミリーは、デザインの一貫性を保つための複数のフォントのグループをこと。値は「フォントファミリー名」「総称ファミリー名」で指定する。デフォルトの行間はブラウザや環境に依存する。

1)フォントファミリー名
スペースを含むものや日本語は""(引用部)で囲む。複数選択する場合は,(半角カンマ)指定する。アクセシビリティ上、総称ファミリー名を最後に指定しておくことが推奨されている。主な値は以下のとおり。

・"MS P ゴシック"
・"Osaka"
・"Century Gothic" など
2)総称ファミリー名
総称ファミリーとして以下の5つの値で定義できる。記述に引用符はいらない。複数選択する場合は,(半角カンマ)指定する。主な値は以下のとおり。

・serif: 明朝体に相当
・sans-serif: ゴシック体に相当
・cursive: 草書体に相当
・fantasy: 装飾フォント
・monospace: 固定幅フォント

書き方:

要素名 {
	font-family: "フォント名", 
	総称ファミリー名 ;
}


例:「MS P ゴシック」の次に「Osaka」が表示され、いずれも表示されない環境では「sans-serif」に該当するフォントが自動的に選択される場合。

body {
	font-family:"MS P ゴシック", "Osaka", 
	sans-serif;
}

go to top