webnote.info

Home › デジタル表現 › 画像の符号化

§  Digital Representation

02.

画像の符号化

画像を符号化するとき、情報量を圧縮してファイルサイズを小さくすることができます。圧縮方法には、可逆圧縮非可逆圧縮の2種類があります。

画像ファイルのGIF、TIFF、文書ファイルのPDF、ページ記述言語のPostScript Level2などでは、LZWというデータ圧縮アルゴリズムが使われています。


画像の種類

ウェブ上で表現できる画像やグラフィック表現はビットマップ形式ベクター形式に大きく分けられます。


ウェブで使用する「ビットマップ形式」

ウェブで使用するビットマップ形式は GIF、JPG、PNG で、これらに変換することを「画像の最適化」と呼びます。ボタンやイメージにテキストも含めて、1ページのトータルファイル容量は200~300KBをガイドラインとして設定しています。企業が多いウェブ画像の解像度は、72ppi(pixcel per inch)を基準にしています(AI、PS、FWのデフォルト設定)。


ウェブで使用する「ベクター形式」

ウェブで公開できるベクター形式は SVG、PDF などがあります。


ウェブで使用しない画像形式

制作のために使用するウェブでは公開しない画像形式として AI、PSD などがあります。


画像処理に関する用語

制作現場で画像処理に際によく使われる用語をピックアップしました。

footnotes

  1. 1.解像度
    プリンタやイメージスキャナ、ディスプレイなどで使われる解像度の単位にppi とdpi がある。1インチを何個の点の集まりとして表現するかを意味しており、この値が高いほど、より精細な表示や印刷などが可能となる。印刷では多数のピクセルを1つのドットで表すので、ppiはdpiより大きくなる(典型的には16倍など)。ディスプレイでは、ピクセルとドットが1対1で対応するので、ppiはdpiに等しく、ppiとdpiは同じ意味で使われる。
    1.ppi:pixel per inchの略で、ピクセル密度の単位。
    2.dpi:dots per inchの略で、ドット密度の単位。

    page top

  2. 2.インターレースGIF
    インターネットでよく利用される画像ファイル形式であるGIF形式の拡張仕様の一つ。通常のGIF画像はユーザのコンピュータにダウンロードされるに従って、上からだんだん画像が表示されるが、インターレースGIF方式の画像では、最初はモザイク状のぼんやりした画像が現れ、ダウンロードが進むと次第に画像が鮮明になってくるため、ダウンロードの途中でも画像のおおよそのイメージがわかる。

    page top

  3. 3.アニメーションGIF
    画像形式「GIF」の拡張仕様の一つで、動画を扱う形式。一つのファイルの中に複数のGIF画像を保存し、順に表示していくことで動画を表現する。アニメーションGIF形式で作成された動画はGIFアニメーションと呼ばれる。89a拡張子は通常のGIFと同じ「.gif」になるがアニメーションGIFが再生できない閲覧ソフトもある。imgタグでウェブページに埋め込む方法は、通常のGIFやJPEGファイルの指定と同じ。

    <img src="./gifanimation.gif" alt="代替テキスト" /> 
    

    page top

  4. 4.プログレッシブJPG
    インターネットなどでよく利用される画像ファイル形式であるJPEG形式の拡張仕様の一つ。インターレースGIFのJPG版。

    page top

  5. 5.PostScript
    Adobe Systemsによって開発されたプリンタの描画を制御するためのプログラミング言語の名称。

    page top