webnote.info

Home › アクセシビリティ › WCAG

§  Accessibility

02.

WCAGとは

WCAGとは、ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン(Web Content Accessibility Guidelines)の略。
W3C内の組織WAIにより勧告として公表されたアクセシビリティ基準で、2008年にWCAG2.0が勧告されました。高齢者や身体的ハンディキャップを負った人も容易にインターネットにアクセスできるようにするためのガイドラインです。


WCAGの達成基準

WCAGには「文書がうまく変換されるようにする」「コンテンツを理解可能かつ操作可能にする」という2つのテーマがあり、ガイドラインのチェックポイントには3つの優先度が、準拠の度合いによって3つの適合度が割り当てられています。


WCAGの4つの原則

WCAG2.0におけるデザイン原則には、知覚可能、操作可能、理解可能、ロバスト性 の4つがあります。


WCAGと関連ドキュメント

WCAG2.0の関連ドキュメントがW3Cから提供されています。

WCAG2.0 日本語訳(参考:外部リンク)