webnote.info

Home › アクセシビリティ › その他の規格

§  Accessibility

03.

ウェブコンテンツJIS(JIS X8341-3)とは

正式名称は「JIS X 8341-3:2004 高齢者・障害者等配慮設計指針-通信情報における機器、ソフトウェア及びサービス-第三部:ウェブコンテンツ」です。

ウェブコンテンツJIS(JIS X8341-3)は、2004年にJIS(日本工業規格)から公表された日本国内のアクセシビリティ基準で「情報アクセシビリティJIS」という規格体系の一部です。主に高齢者、障がいのある人のために情報アクセシビリティを確保し、向上させる事項を指針として明示したものです。準拠は基本的に任意ですが、国・地方公共団体などの公的機関は尊重義務が発生します。

ウェブコンテンツJISは、企画、設計、開発、制作、保守、運用までのプロセスが対象で、オンライン、オフラインを問わず、イントラネット、記憶媒体、マニュアル、ヘルプなども対象となります(「制作」に関するガイドラインであるWCAG1.0とその点で異なる)。

新JIS規格ウェブコンテンツ [JIS X 8341-3:2010] (参考:外部リンク)


米国リハビリテーション法508条(Section 508)とは

米国リハビリテーション法508条(Section 508)とは、連邦政府機関が開発、調達、保守、利用する電子情報技術が、過度の負担を機関に強いるのでない限り、障碍のある職員や一般の個人もアクセスでき、利用できることを求めた法律です。電子情報技術には、ウェブページ、PCのハード、ソフト、電話、コピー機なども含まれます。

第 508 条と W3C ガイドライン(参考:外部リンク)
米国リハビリテーション法508条の日本語訳(参考:外部リンク)